学生用クレジットカードが利用できる理由

学生なら本人に収入がなくても簡単に契約できる


クレジットカードの契約をするには、本人に収入があることが条件となっています。
収入がなければ、クレジットカードの利用分の支払いができないからです。
しかし学生用クレジットカードの場合、例外的に本人に収入がなくても契約することができます。

取得できる理由は親の信用があるから

なぜなら学生は基本的に親の保護下にあり、親の経済力で生活をしているからです。
学費も、親に経済力があるからこそ支払うことができているのです。
つまり学生という立場にいることが、親に経済力があることの証となっているわけです。
そのため本人に収入がなくても、親の収入が十分にあるとみなされて、クレジットカードの契約ができるわけです。

学生用クレジットカードが欲しいなら

したがって学生用クレジットカードは、申し込み手続きも非常に簡単です。
一般的なクレジットカードは、申し込みの際に運転免許証や健康保険証や給料明細書が必要です。
申し込み用紙にも、職場の名称や所在地、支払っているローンの金額など様々な情報を記入する必要があります。
しかし学生用クレジットカードなら、学生証を提示するだけで良いのです。

学生証があなたの身分を証明する

学生証は身分証明書となるだけでなく、先述したように経済力の証にもなります。
大学の名称や所在地も学生証によって確認できますし、学生ですから住宅ローンや自動車ローンなどを組んでいることはまずありません。
つまりそれらを申し込み用紙に記入する手間がかからないということです。
このように、とてもスムーズに手続きができるのです。

利用限度額は低くても立派なクレジットカード

ただし利用限度額は、一般的なクレジットカードより少なめになっています。
だいたい10万円から20万円ほどのことが多いです。
しかしこのような少額だからこそ、散財してしまう心配がなく、親は安心して子供に持たせることができるのだと言えます。